TOP【空き家買取】土地・空き家の売却にかかる費用と出費を抑えるコツ
空き家買取依頼前に知っておきたい不動産売却にかかる費用と出費を抑えるコツ

空き家の買取を行う日翔・レジデンシャル 株式会社が、不動産売却時にかかる各種費用や税金について解説します。不動産売却=現金が手に入るとお考えの方も多いですが、売却には様々な費用がかかります。

「資金不足で費用を支払うことができない」ということがないように、あらかじめ必要な費用について覚えておきましょう。売却方法によっては出費を抑えることができるため、売却にかかる費用を少なくしたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

空き家売却時にかかる費用・税金一覧

空き家売却時に費用・税金はいくらかかる?

空き家を売却する際には、様々な費用や税金が発生します。それらの概要や金額について、以下で説明します。

譲渡所得税

譲渡所得税は、空き家の売却金額が空き家を取得した際の金額を上回って利益が出た際に発生する税金です。

税率は空き家を所有している期間によって異なり、5年以内の短期所得の場合は30.63%(住民税9%と合わせて39.63%)、5年超の長期所得の場合は15.315%(住民税5%と合わせて20.315%)です。

登録免許税

空き家を相続した際に物件の名義人を変更していない場合は、空き家売却の前に相続登記を行って名義を変更しなければなりません。

名義変更の際には登録免許税が発生し、その費用は固定資産税評価額の0.4%です。

仲介手数料

空き家を売却する際には不動産会社に依頼するのが一般的ですが、仲介で売買が成立した際には売却価格に応じた仲介手数料が発生します。

仲介手数料の割合は売却価格200万円以下の部分に対しては5%まで、200万円超~400万円以下の部分に関しては4%まで、400万円超の部分に関しては3%までと定められています。

仮に空き家が600万円で売れたとすると、その際の手数料の上限は200万円×0.5+(400万円-200万円)×0.4+(600万円-400万円)×0.3=24万円となります。

解体費用

空き家を解体する場合にはその費用も必要です。解体費用は物件によって多少変動しますが、一坪あたり3~4万円程度が相場と言われています。

物件の大きさにもよりますが、100万円を超える程度の費用が必要と見積もっておくとよいでしょう。

空き家買取にあたって発生する費用が気になるという方は、日翔・レジデンシャル株式会社にぜひご相談ください。

空き家や土地の売却にかかる費用を抑えるコツ

空き家や土地の売却は日翔・レジデンシャル株式会社にお任せ!

空き家の売却では様々な費用や税金が発生しますが、売却する立場としてはなるべくそれらを抑えたいものです。

空き家の売却にかかる費用や税金を抑えるコツについて、以下で説明します。

相続した空き家の3,000万円特別控除を活用する

相続した後に空き家になった家を売却して売却益が出た場合、譲渡所得のうち3,000万円までは税金が控除されます。

つまり、譲渡所得が3,000万円以下の場合は譲渡所得税が発生しないことになるのです。

ただし前提条件として、相続するまで親だけがその家に住んでおり、他界したのちに空き家になっている必要があります。

親が亡くなる前に同居していたり、親がその家に住んでいなかったりとする場合は、特例が適用されません。

10年超所有軽減税率の特例を活用する

売却する空き家に関して、売却した年の1月1日時点で所有年数が10年を超えている場合は、譲渡所得税や住民税の税率が低くなります。

ただし、空き家になった日から(=その家に住まなくなった日から)3年が経過する年の12月31日までに売却できていなければ、特例の対象外となります。

相続した空き家の取得費加算の特例を活用する

相続によって取得した空き家を売却した場合は、譲渡所得の計算に用いる「取得費」に、支払った相続税の一部を加算することができます。

ただし、この特例を活用するためには、相続税の申告期限の翌日から3年が経過するまでに、譲渡が完了していなければなりません。

空き家売却時には特例なども活用して費用や税金を抑えることが重要

空き家を売却する際は、譲渡所得税などの税金や不動産会社に支払う仲介手数料などの費用が発生します。それらを合算すると大きな金額になるので、空き家売却時に適用される特例などを活用して、費用をなるべく抑えることが重要です。

空き家の売却に実績のある不動産会社に売却を依頼することで、費用をなるべく抑えつつ売却する方法を模索してくれるでしょう。

日翔・レジデンシャル株式会社は、数々の空き家売却の実績をもとにして、最適な方法での空き家売却を提案させていただきます。空き家売却にお困りの場合はぜひご相談ください。

  • 03-6417-0665 (営業時間/10:00~19:00 定休日/日曜日)
  • メールでのお問い合わせ

再建築不可・空き家・築古物件・訳あり物件を売るためのポイントまとめ!

PROFILE

会社概要

東京・神奈川エリア対応!土地・空き家の買取依頼は日翔・レジデンシャル 株式会社
会社名 日翔・レジデンシャル 株式会社
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿 AVENUE6F
TEL 03-6685-9166
FAX 03-6685-9167
営業時間 10時00分~19時00分
代表者名 後藤 正樹
創業 平成23年5月
業務内容 不動産売買、不動産仲介、不動産買取、プロパティマネジメント、福祉事業放課後等デイサービス「ミライオ藤沢駅前教室」、その他
URL https://www.nissho-r.com/