TOP【築古物件の買取】ボロ戸建ての定義と売却のコツ!一戸建ての査定はお任せ
築古物件は買取を!ボロ戸建てと中古戸建ての違いとは?売却するコツ

築古物件は買取で売却するのがおすすめです。ボロ戸建てとも呼ばれることがある築古物件ですが、同じような意味合いを持つ中古建てとどのような違いがあるのでしょうか。

こちらでは、ボロ戸建てと中古戸建ての違いを解説したうえで、手放すのが難しい築古物件を売るためのコツをご紹介します。築年数がかなり経過した物件を手放したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。日翔・レジデンシャル 株式会社は売却相談や査定依頼を承ります。

築古物件のボロ戸建てとは?中古戸建ての違い

経年劣化が進んだ戸建て住宅

物件は、今まで一度も人が入居していない「新築物件」と、一度でも人が入居した「中古物件」に大きくわけることができます。どれだけ築年数が浅くても、一度でも人が住んでしまえば中古物件になるのです。これは戸建てでもマンションでも同じです。

ボロ戸建ては、中古戸建ての中でも特に築年数が経過しているもののことを指しますが、築年数が何年以上になればボロ戸建てと呼ばれるかについて、厳密な決まりがあるわけではありません。

一般的には、築年数が40年~50年近く経っており、そのままでは人が住むのが難しいような物件のことを、ボロ戸建てと呼ぶことが多いです。

築年数と保存状態を鑑みてボロ戸建てと呼ぶかどうかを判断するケースが多いため、築年数40年以上でもきれいに手入れがされており、ちょっと手を入れればすぐにでも人が住めそうな戸建ては「中古物件」といいます。ボロ戸建てと呼ぶかそうではないかは、物件を取り扱う不動産会社によって異なるのが現状です。

また、ボロ戸建ては損壊が大きく何らかの瑕疵があることも多いので、買取価格も一般的な中古戸建てよりかなり低くなります。状態によっては数十万円程度で購入できることも少なくありません。

自分で好きなようにリフォームやリノベーションをしたいという方にとっては、安価で購入できるボロ戸建ては非常に魅力的なのです。築年数が経過しているからといって、無理にリフォームやリノベーションを行う必要はないといえるでしょう。まずは不動産会社へ査定を依頼するのがおすすめです。

古い家を売るのは難しい!?高額査定・買取してもらうコツとは?

築古物件を高額査定・買取してもらうコツとは?

古い家はそのまま売ろうと思っても、苦労することが多いです。
こちらでは、古い家を買取してもらうためのコツについて説明します。

一部リフォームしてから売る

古い家を新築と同じように新しくすることはできません。

しかし、リフォームやリノベーションを行って古い家の見栄えをよくすることは可能です。劣化が進んでいるといっても、物件のすべての箇所にガタが来ているわけではないため、劣化が目立つ箇所をリフォームして売却するとよいでしょう。

空き家バンクに登録する

空き家バンクとは、自治体が運営している空き家を売買・賃貸するための物件情報サイトです。古い家は、不動産会社でも取り扱いを断られることがありますが、空き家バンクであればそのような物件でも登録することができます。

空き家バンクで物件を探そうとしている層は、多少古くても購入を検討してくれやすいので積極的に活用するのがおすすめです。

地元の不動産会社に相談する

物件を売る際は大手の不動産会社に依頼したくなるところですが、なかなか買い手が付かなさそうな古い物件の場合は、不動産会社も買い手探しにあまり時間を割いてくれないものです。

しかし、地元の不動産会社に依頼すれば、地元ならではのネットワークを駆使してすんなり売却が決まる可能性もあります。

もちろん、すべての築古物件がスムーズに売却できるわけではありませんが、売却先が見つからず苦戦している場合は、地元の不動産会社に依頼するという選択肢も検討してみるとよいでしょう。

解体して更地として売る

物件の劣化や損傷がかなり進んでおり、ちょっとしたリフォーム程度では修繕が難しい場合は、更地にして売却するのも一つの方法です。解体には費用もかかりますが、売却ができないまま長い時間が経過してしまっているようであれば、状況を打破するための方法として検討してみる余地はあるでしょう。

ボロ戸建てや築古物件の売却にお悩みの方は、一度日翔・レジデンシャル株式会社にご相談ください。

日翔・レジデンシャル株式会社はこれまでの経験をもとに、他の不動産会社では取り扱いが難しい物件の買取、売却サポートを行います。お客様のご要望をお伺いしたうえで対応を進めさせていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。まずは相談や査定を依頼したいというお問い合わせもお待ちしております。

中古一戸建てが売れずお困りなら日翔・レジデンシャル 株式会社へ買取依頼を

人が一度でも住んだ戸建ては「中古戸建て」と呼ばれますが、かなり劣化していて人が住むのが難しい家はボロ戸建てと呼ばれます。

ボロ戸建てほどの中古戸建てになると売却に苦戦することが多いので、リフォームを施したり空き家バンクに登録したりといった工夫をしながら、売却を目指しましょう。仲介ではなかなか買い手が見つからない場合は、買取を検討するのがおすすめです。その際は、古い物件の買取実績が豊富な不動産会社へご依頼ください。

日翔・レジデンシャル株式会社は、築古物件やボロ戸建てに関して多数の買取実績を有しています。社会にある問題を、不動産を通して解決していきたいと考えておりますので、中古一戸建ての買取先探しにお困りの方はぜひご相談ください。売却することが決定していないという方からのご相談・お問い合わせもお待ちしています。

  • 03-6417-0665 (営業時間/10:00~19:00 定休日/日曜日)
  • メールでのお問い合わせ

再建築不可・空き家・築古物件・訳あり物件を売るためのポイントまとめ!

PROFILE

会社概要

築古物件(一戸建て)の査定・買取依頼は日翔・レジデンシャル 株式会社
会社名 日翔・レジデンシャル 株式会社
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿 AVENUE6F
TEL 03-6685-9166
FAX 03-6685-9167
営業時間 10時00分~19時00分
代表者名 後藤 正樹
創業 平成23年5月
業務内容 不動産売買、不動産仲介、不動産買取、プロパティマネジメント、福祉事業放課後等デイサービス「ミライオ藤沢駅前教室」、その他
URL https://www.nissho-r.com/