TOP再建築不可物件の買取を東京・神奈川で検討されている方必見の基礎知識
再建築不可物件の買取をするために必要な知識をチェックしよう!

再建築不可物件の買取を行う日翔・レジデンシャル 株式会社が、再建築不可の状態から抜け出す方法を解説します。自分が所有する不動産が再建築不可物件である場合、建物に居住することに制限はありません。

しかし、建て替えたいと思っても一度取り壊すと新たに建てることができないのです。東京・神奈川で再建築不可物件の売却を検討している方は、ぜひ日翔・レジデンシャル 株式会社をご利用ください。

東京にも多い!?再建築不可物件とは?

再建築不可物件の査定

「一度取り壊すと建物を建築できない物件」のことを再建築不可物件といいます。増築も行うことはできず、リフォームに関しても建築確認が必要な大がかりなものはできません。

現在建っている家には居住が可能で、生活する上での制約などはなく、普通に生活することができます。しかし、家が古くなりリフォームや建て替えが必要になった場合には建て直すことができないので、不都合が生じてしまいます。

該当するのは基本的に「接道義務違反」の土地です。接道義務とは、「土地の間口が幅員4m以上の道路に2m以上接していなければならない」というもので、昭和25年に施行された建築基準法で定められました。

接道義務とは、安全と防災面に考慮して定められたもので、緊急車両の通行や進入ができる広さの確保と、消火活動や救助をスムーズに行うために必要なスペースとされています。

建て替えやリフォームができない再建築不可物件を所有していると、様々なリスクがあります。ひとつずつ見てみましょう。

老朽化によるリスク

再建築不可物件は、昭和25年の建築基準法が施工される以前に建てられているので、老朽化してきています。古くなれば倒壊の恐れもありますが、建て替えることができません。

固定資産税が増えるリスク

建物が老朽化して倒壊の恐れがあるような状態になると、取り壊して更地にしなければならないでしょう。しかし、再建築不可物件は新たに建物を建てられません。更地になれば固定資産税が高額になります。

売却が難しいリスク

一度取り壊すと、新しく家を建てることができない土地ということで、購入したいと考える人は少なく、売却が難しいです。購入希望者が現れたとしても、再建築不可物件は基本的に住宅ローンの融資が受けられません。住宅ローンが利用できないことも、売却を難しくしている一因といえるでしょう。

神奈川にも多い!再建築不可状態を解消する方法

売却前に物件の状態をチェック

再建築不可物件ではない状態にできれば、建て替えや増改築が可能になります。接道義務を満たして建て替えや増改築をできるようにするために、接道義務をクリアすれば良いのです。具体的な方法を解説しましょう。

再建築不可となっている場合、そのままの状態では新しく住宅を建てたり、増改築を行ったりすることが制限されています。この問題を解決するために、具体的な方法を見ていきましょう。

隣地を買い取る

隣接している土地が同様に再建築不可物件でなければ、その土地を買い取ることで接道義務を満たすことができます。

その方法として、隣地を買い取る方法が一番使われています。しかし、隣地の所有者が土地を手放さなければ成立しないので、難易度が高いのがネックです。

万が一隣地の購入が難しい場合には、部分購入の交渉をする手段があります。一部分だけでも購入できて接道義務を満たせば、建て替えや増改築ができるようになるのです。

セットバック

土地を後退させて道路に接する幅を広くすることをいいます。4mの幅の道路に接している必要がありますが、現状の道路の幅が3mの場合には、土地を1m後退させれば道路の幅が4mになります。これを「みなし道路」と呼びます。

ただし、建て替えに伴う建ぺい率はセットバック後の土地で計算されます。

セットバックは損をしてしまうように感じるかもしれませんが、資産価値が上がり売却もしやすくなります。道路が広くなり緊急時にも安心なので、デメリットよりもメリットの方が大きいと考えられるしょう。

日翔・レジデンシャル 株式会社は、社会にある問題を不動産を通して解決するプロ集団です。これまでの知識と経験、ノウハウを活かして他社では取り扱いが難しい物件の買取、売却サポートを行います。手放したい不動産がありお困りでしたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

東京・神奈川の再建築不可物件の買取に必要な基礎知識をチェックしよう!

所有する不動産が再建築不可物件の場合には、建て替えや増改築ができません。また、取り壊すと固定資産税が高くなり、売却したくてもなかなか買い手が見つからないなど、様々なリスクがあります。

隣地の買取やセットバックを行うと、一般的な土地と同じように自由に建て替えができるようになります。建て替えや増築、売却を希望する場合には、ぜひ検討してみてください。

日翔・レジデンシャル 株式会社は、再建築不可物件の買取や売却サポートを行っております。東京・神奈川で再建築不可物件の売却をご希望の場合には、ぜひ日翔・レジデンシャル 株式会社にご相談ください。

  • 03-6417-0665 (営業時間/10:00~19:00 定休日/日曜日)
  • メールでのお問い合わせ

再建築不可・空き家・築古物件・訳あり物件を売るためのポイントまとめ!

PROFILE

会社概要

東京・神奈川で再建築不可物件の買取相談に対応!日翔・レジデンシャル 株式会社
会社名 日翔・レジデンシャル 株式会社
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿 AVENUE6F
TEL 03-6685-9166
FAX 03-6685-9167
営業時間 10時00分~19時00分
代表者名 後藤 正樹
創業 平成23年5月
業務内容 不動産売買、不動産仲介、不動産買取、プロパティマネジメント、福祉事業放課後等デイサービス「ミライオ藤沢駅前教室」、その他
URL https://www.nissho-r.com/