TOP【空き家の買取】ボロ屋・築古物件はなぜ売れにくい?売却する方法とは
空き家買取を検討中の方必見!ボロ屋・築古物件を売却する方法とは?

空き家買取を検討している方もいらっしゃるでしょう。空き家の売却では苦戦するケースが多いです。なかなか買い手がつかないことも多いため、あらかじめ「なぜ売れないのか」「どうしたら売れるのか」ということを把握しておきましょう。

こちらでは、買い手がどのような要望を持っているかを踏まえたうえで、築古の空き家をうまく売るための方法や空き家が売りにくい理由を解説します。本文

築古のボロ屋を売る方法

築年数が古いボロ屋

築古の物件を売却する方法は、「古い家を残したまま売る」か「古い家を解体して更地にしたうえで売る」という2つに大きくわけられます。

それぞれの方法のメリットやデメリットについて説明します。

古い家を残したまま売る

古い家を残したまま売るメリットは、買い手が住宅ローンを利用できるためより多くの人に検討してもらいやすいこと、「一戸建てを買いたい層」にも「更地を買いたい層」にも興味を持ってもらえることが挙げられます。

ただし、物件があまりに古いとなかなか興味を持ってもらいにくいですし、売れない期間が長引けばその間の物件管理費用がかさんでしまうということは、デメリットとして考えられるでしょう。

物件の古さがネックになっている場合は、リフォームを施したうえで売却するというのもひとつの選択肢となります。

古い家を解体して更地にしたうえで売る

古い家を解体し更地にして売るメリットは、土地のみを購入したいと思っている層にアピールしやすくなること、買い手が物件購入後に解体する手間を省けることなどが挙げられます。

売却する側としても、築古の物件を維持しておく必要がないので、管理のための手間や費用を削減することが可能です。

デメリットとしては、物件解体のための費用を負担しなければならないことや、解体したからといって必ずしも売れるとは限らないということなどが挙げられます。

立地が魅力的であっても物件が古すぎるという場合は、物件を解体したうえで売りに出すのがおすすめです。

築古のボロ屋・空き家が売れない主な理由

瓦屋根のボロ屋

空き家が売れない理由としては、主に以下のようなことが考えられます。

  • 築年数が古い
  • 立地が不便である
  • 土地が広すぎる
  • 再建築不可物件である

それぞれの理由について、説明します。

築年数が古い

空き家がなかなか売れないもっとも大きな理由は、築年数の古さです。

築年数が古いほど物件の傷みは進みますし、設備なども時代遅れになっていることから、建物の資産価値がほぼゼロになってしまっていることも珍しくありません。

リフォームなどで対処できる範囲を超えてしまっている場合は、解体して更地にして売却するのが得策といえるでしょう。

立地が不便である

これは空き家に限った話ではありませんが、立地が不便な物件は売れ残りがちです。地方や田舎にあるような物件は、購入を検討する層自体が少ないことも、物件の売りにくさに拍車をかける要因となっています。

立地が悪いうえに築年数も古いような物件は、売却にかなり苦戦することを覚悟しなければなりません。

土地が広すぎる

土地が広いということは見方によってはメリットなのですが、あまりに広いとその分値段が上がってしまいますし、どう活用すべきかわからずに持て余してしまうことも考えられます。

また、土地が広いとその分固定資産税が高くなるということも、買い手にとっては懸念材料のひとつです。

再建築不可物件である

空き家の中には、解体して新しく物件を建てることが認められていない「再建築不可」の物件もあります。

こういった物件は、既存の建物にそのまま住むかリフォームするしかないので、物件を取り壊して新しく建て直したいと考えている層からは、検討対象外となってしまいます。

築古の空き家に買い手が付かない場合は解体して更地で売ることも要検討

築古の物件は新築物件より売却に苦労することが多いので、なかなか売れない場合は解体して更地にしたうえで売ることも検討する必要があります。

物件売却時は不動産会社に頼ることになりますが、築古の物件を得意としている不動産会社を選ぶということも、重要なポイントのひとつです。

日翔・レジデンシャル株式会社は、築古の物件や再建築不可の物件に関して数多くの実績を有しています。築古の物件売却にお困りの場合は、ぜひお声がけください。

  • 03-6417-0665 (営業時間/10:00~19:00 定休日/日曜日)
  • メールでのお問い合わせ

再建築不可・空き家・築古物件・訳あり物件を売るためのポイントまとめ!

PROFILE

会社概要

ボロ屋・築古物件のご相談にも対応!空き家買取のプロ 日翔・レジデンシャル 株式会社
会社名 日翔・レジデンシャル 株式会社
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿 AVENUE6F
TEL 03-6685-9166
FAX 03-6685-9167
営業時間 10時00分~19時00分
代表者名 後藤 正樹
創業 平成23年5月
業務内容 不動産売買、不動産仲介、不動産買取、プロパティマネジメント、福祉事業放課後等デイサービス「ミライオ藤沢駅前教室」、その他
URL https://www.nissho-r.com/