TOP築古物件の買取(戸建て・マンション)依頼前に確認!古家付き土地とは?
築古物件の買取依頼前に確認したい!古家付き土地とは?

築古物件の買取は日翔・レジデンシャル 株式会社へお任せください。築古物件は土地の上に建物が建っている状態のため、古家付き土地とも呼ばれます。築年数が経過しており古さが目立つ場合には、建物を残したまま売却すべきか、更地にして売却すべきか悩むこともあるでしょう。

そこでこちらでは、古家付き土地の概要と更地にするか悩んだ場合のポイントをご紹介します。

古家付きの土地とは?

松の木がある古い民家

建物の価値は、新築の状態がもっとも高いです。それ以降は年月の経過によって徐々に価値が下がっていき、築年数を重ねた築古物件は20~30年ほどでほとんど価値がなくなってしまいます。

しかし、建物が建っている土地の価値は基本的になくなりません。建物の価値はなくなってしまっても、土地に価値があるため査定価格や売却価格をつけることができるのです。

その際に注意したいのが、古家が残っていることで土地の価値を下げてしまう可能性があるということです。建物の築年数が長いことによるリスクや建て直しの費用などを踏まえると、土地の価値を下げるマイナス要素になる場合があります。

古家付き土地に関する細かな定義は、取り扱う不動産会社によって異なります。同じような築年数でほかにも条件が似た物件が複数あったとしても、不動産会社によっては「古家付きの土地」として扱う場合もあれば一般的な「中古住宅」として販売するケースもあります。

また、定義の1つとして挙げられるのが、住宅の耐用年数で。たとえば、木造建築の住宅であればその耐用年数は法律で22年と定められています。そのため、間も無く耐用年数を迎えてしまう築20年近く過ぎた物件を古家として扱い、土地と合わせて古家付き土地として販売されるケースが多いです。

古家付きの土地を売る場合は更地にすべき?

古家付きの土地

古家付き土地の売却では、マイナス要素となる建物の解体を考えてみてもよいでしょう。土地をまっさらにすることで買取額が上がる可能性がありますが、解体費用を踏まえたうえで検討するのがおすすめです。

更地にして売却するとより多くの方に購入を考えてもらえる

古家付き土地は、先述のとおり多くの人にとってマイナス要素として捉えられてしまいがちです。なかには築古物件の活用を前提としている方もいらっしゃいますが、購入後の選択肢を制限してしまうことには変わりません。

これらを踏まえると、費用をかけてでも更地にして、購入後の選択肢を広げることはとても重要です。買取を選ぶ場合でも、古家付き土地よりも更地の方が買取額は高くなります。まずは解体にかかる費用を確認して、土地の査定額から差し引いた利益をチェックしましょう。

また、固定資産税についても知っておくことが大切です。建物の有無によってその土地にかかる固定資産税は異なります。更地にしたもののなかなか買い手が見つからず時間が経ってしまうと、想像以上に固定資産税が発生する恐れがあります。

そのまま売却すれば解体費用はかからない

そのまま売却するのであれば、当然土地をまっさらにするための解体費用はかかりません。解体にかかる費用は大きな金額となりますので、更地にするメリットはどれくらいあるのかしっかりと確認しましょう。

また、これまで通り固定資産税における軽減措置が適用されていますので、買い手が見つからず時間がかかったとしても、増える負担は少ないでしょう。

古家付きの土地の売却ができずお悩みの方は、一度日翔・レジデンシャル 株式会社にご相談ください。社会にある問題を、不動産取引を通して解決するために、お客様からのお悩み・ご要望を承っています。不動産のプロ集団がお客様のお悩みを解決に導きます。

古家付き土地や中古マンションなどの築古物件の売却はお任せ

築古物件は、土地をまっさらにするよりも流通性が低く売却価格も低くなりがちという短所があるものの、解体費用を負担する必要がなく固定資産税も安く抑えることができます。

そのまま売却すべきか更地にすべきかどうかの判断には、物件の築年数や保存状態などが大きく関わってきます。ご自身での判断が難しいという場合は、築年数が経過している物件の売却実績が豊富な不動産会社に相談してみるとよいでしょう。

日翔・レジデンシャル 株式会社では、不動産の売買や扱いに関して幅広くお客様のお手伝いを行っています。確かな実績から、築古物件の売却に関するアドバイスを行うことが可能です。築古物件の買取先をお探しの方は、ぜひご相談ください。

  • 03-6417-0665 (営業時間/10:00~19:00 定休日/日曜日)
  • メールでのお問い合わせ

再建築不可・空き家・築古物件・訳あり物件を売るためのポイントまとめ!

PROFILE

会社概要

古家付き土地&築古物件の買取依頼は日翔・レジデンシャル 株式会社
会社名 日翔・レジデンシャル 株式会社
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿 AVENUE6F
TEL 03-6685-9166
FAX 03-6685-9167
営業時間 10時00分~19時00分
代表者名 後藤 正樹
創業 平成23年5月
業務内容 不動産売買、不動産仲介、不動産買取、プロパティマネジメント、福祉事業放課後等デイサービス「ミライオ藤沢駅前教室」、その他
URL https://www.nissho-r.com/