TOP【築古物件の買取】東京・神奈川に多い築古物件とは?
築古物件の買取は実績の多い会社へ!そもそも築古物件とは?

築古物件の買取を行う日翔・レジデンシャル 株式会社が、築古物件について解説します。建築から日が浅い物件を築浅物件と呼ぶのに対して、建築から年月が経っている物件を築古物件と呼びます。築古物件の売却では買い手が見つかりにくい傾向にあるため、買取を検討するのがおすすめです。

こちらでは、築古物件の概要と、そのメリット・デメリットをご紹介します。

築古物件とは?

住宅の築年数

築年数は物件を選ぶ際の重要な要素のひとつであり、まだ建てられて間もない物件のことは「築浅物件」、建てられてからある程度の年月が経っている物件のことは「築古物件」と呼ぶことが多いです。

しかし、この築浅・築古に関しては、厳密に築何年以内が「築浅」で築何年以上が「築古」と決められているわけではありません。

築浅に関しては、「築5年以内」という認識を持っている不動産会社が多いですが、築古に関しては「築20年以上」としている場合もあれば、「築30年以上」としている場合もあります。

そのため、同じ物件でも不動産会社によって築古と言ったり言わなかったりということが起こり得ます。

築20年程度では判断がわかれるところではありますが、築30年ほどまでいくとどの不動産会社でもほぼ確実に築古にカテゴライズされるので、平成初期に建てられた物件であれば築古と言って差し支えないでしょう。

築古物件は、間取りの特徴や備えられている設備が築浅物件とは異なります。同じ「3LDK」でも築浅物件と築古物件をそれぞれ内見してみると、抱く印象は大きく異なることも多いです。

そのため、特に築古物件に関してはスペックのみで判断しないことが重要です。

築古物件のメリットとデメリット

築古物件のメリットとデメリットをご紹介

ただ古いと思われがちな築古物件ですが良さはあります。築古物件のメリットやデメリットについて、以下で説明します。

メリット

リノベーションできれいにできる

築古物件は、年数が経過して傷んでしまった部分を中心にリノベーションすることで新築のように生まれ変わります。

リノベーション次第では築浅物件よりもきれいで最新設備を整えることができるため、リノベーション済みの築古物件を好んで選ぶ方も多いです。

仲介で売却を希望する場合は、特に傷みやすい水回りをしっかりとリフォーム・リノベーションしておきましょう。

立地がいい物件が多い

築浅物件や新築物件は価格が高く、立地環境によっては買い手の予算を上回ってしまうことも多いです。

しかし、築古物件はよい立地にありながらも手ごろな価格で販売されていることが多いので、立地を重視する方には需要があります。立地環境がよい築古物件は売却できる可能性が高いといえるでしょう。

デメリット

耐震性や建物の強度に不安が残る

築古である以上、耐震性や建物の強度という点での不安は残ります。

1981年6月から新耐震基準が施行されているため、それ以降に建てられた物件であれば現行の耐震基準は満たしていることになりますが、それでも安全性に多少の不安を感じることがあるかもしれません。

築年数相応の傷みや劣化がある

リノベーションが施されていない物件であれば、築年数相応の傷みや劣化が見られます。リフォームやリノベーションをすることで新築のようなきれいさを取り戻すことができますが、施工後に売却するとなるとかなりの費用がかかるでしょう。

なるべく費用をかけたくないという場合は、劣化が目立つ箇所や水回りのみのリフォームに留めておく、または買取を依頼するのがおすすめです。

日翔・レジデンシャル株式会社は築古物件の売却をサポートしています。築古物件の売却を検討している方はぜひご相談ください。

東京・神奈川で築古物件の買取をご希望なら日翔・レジデンシャル株式会社へ

築古物件と呼ばれる物件には、築年数上の厳密な定義があるわけではありませんが、築20年以上や築30年以上の物件がそう呼ばれることが多いです。

築古物件には築浅物件とは異なる特徴が多々あるので、それらの特徴を踏まえたうえで仲介と買取のどちらで売却すべきか検討するとよいでしょう。リフォームやリノベーションをすべきか悩んだ場合は、不動産会社へご相談ください。

日翔・レジデンシャル株式会社は、築古物件について多くの取引実績を有しているので、迅速な売却が可能です。築古物件の売却を検討されている場合はぜひお声がけください。

  • 03-6417-0665 (営業時間/10:00~19:00 定休日/日曜日)
  • メールでのお問い合わせ

再建築不可・空き家・築古物件・訳あり物件を売るためのポイントまとめ!

PROFILE

会社概要

東京・神奈川の築古物件買取は日翔・レジデンシャル 株式会社
会社名 日翔・レジデンシャル 株式会社
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿 AVENUE6F
TEL 03-6685-9166
FAX 03-6685-9167
営業時間 10時00分~19時00分
代表者名 後藤 正樹
創業 平成23年5月
業務内容 不動産売買、不動産仲介、不動産買取、プロパティマネジメント、福祉事業放課後等デイサービス「ミライオ藤沢駅前教室」、その他
URL https://www.nissho-r.com/