TOP訳あり物件の売却方法は?マンション・一戸建ての事故物件に該当しないケース
訳あり物件の売却方法!事故物件に該当しないケースとは?

訳あり物件の売却は慎重に行う必要があります。売買や賃貸の契約を行う際には契約者に対して訳あり物件であることを告知しなければなりませんが、告知をすると敬遠されることが多いです。

しかし、一見事故物件だと思われる場合でも実際は該当しないこともあるため、事故物件として売り出す際には注意しましょう。こちらでは、事故物件の売却方法と事故物件に該当しないケースについてご紹介します。

事故物件の売却方法

事故物件の売却する際のチェック項目を解説

事故物件は売却するまでに苦労することも多いですが、だからといって手放せる見込みがまったくないわけではありません。事故物件を売る方法や売る際のコツについて、それぞれ見ていきましょう。

ほかの一般的な物件と同様に扱って売る

事故物件は、基本的に心理的瑕疵がある物件です。買い手に購入を迷わせてしまうネガティブな要素の1つにはなりますが、だからといって売買する際に何か制限があるわけではありません。

買い手に対して事情を説明する必要はありますが、場合によってはほかの一般的な物件と同じように売却できる場合もあります。

一方で、心理的瑕疵がある以上、一般的な物件と同じような価格で取引することは難しいです。たとえば、前に利用していた入居者が自然死あるいは自殺していたのであれば2~3割、殺人事件で亡くなっている場合は半分まで相場よりも引き下げるケースが多く見られます。

タイミングを少し空ける

人が亡くなって事故物件ができてしまうと、しばらくの間は様々な噂や憶測が近所で飛び交うかもしれません。噂や憶測は新しく何か情報が入らない限り、時間の経過とともに少なくなっていきます。事故物件になってから、タイミングを少し空けて売却活動を始めるのも選択肢の一つです。

しかし、時間が経ったからといって心理的瑕疵を伝える必要がなくなるわけではありません。あくまでも買い手がつきやすくするために、多少なりタイミングを空けることを考えてみましょう。

不動産会社に直接買い取ってもらう

不動産の売買は、仲介と買取の2種類があります。一般的に相場価格と認識されているものは、仲介による売買のものです。不動産会社に仲介してもらい、買い手を探してもらいます。仲介手数料はかかりますが、より高い価格で売却が見込めます。

その一方で、買い手が絶対に見つかるわけではない点には注意しなければいけません。買い手が現れなければいつまでも手放すことはできないでしょう。

一方買取とは、不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。買い取られてから不動産会社が不動産に手を加えて新たに売り出すため、相場よりも価格は低くなりますが、瑕疵に関する責任はなくなります。買取価格にさえ納得できれば速やかに売却が可能です。

こんな一戸建て・マンションは事故物件に該当しない!

一戸建て・マンションの売却は日翔・レジデンシャル株式会社へ

何らかの原因で住人が亡くなった場合、心理的瑕疵があるために事故物件と呼ばれるようになります。心理的瑕疵は人によって捉え方が変わってきますが、場合によってはそもそも事故物件に該当しないケースもあるのです。

建設中に事故によって誰かが亡くなっている物件

一戸建てやマンションなど、物件建設中の事故によって誰かが亡くなっている場合、訳あり物件に該当しないケースが多いです。まだ建物が完成する前の出来事であること、不慮の事故であることなどが考慮されるためです。

事故物件は、その物件で人が亡くなっていることが原則となります。

隣の住宅が事故物件である一戸建て

仮に隣が事故物件だった場合でも、隣接する住宅まで事故物件として扱うことはありません。その物件に心理的瑕疵があるわけではないので伝える義務もありませんが、後から発覚してトラブルになる恐れがあります。

事故物件ではありませんが、売却の際は事情をあらかじめ告知しておくとよいでしょう。

隣の部屋が事故物件であるマンション

マンション内で人が亡くなる事件や事故があった場合、隣室や上下の部屋までも事故物件になることはありません。しかし、一戸建てとは異なり、壁一枚を隔てて人が亡くなっていたという事実は、人によって強烈な心理的瑕疵になる場合があります。あらかじめ告知するようにしましょう。

事故物件の売却を検討している方は、ぜひ一度日翔・レジデンシャル株式会社にご相談ください。お客様のご要望や状況をお伺いしたうえで、不動産取引のプロ集団が最適なご提案をさせていただきます。

訳あり物件は様々な情報をもとにして売却することが重要

事故物件になってしまった物件でも、通常の物件と同じような方法で売却することは可能です。なかなか買い手が付かない場合は少し期間を空けて売却活動を行ったり、不動産会社に買い取ってもらったりといった方法も考えられます。

事故物件はあくまでも「その物件で人が亡くなった物件」なので、周囲の物件が事故物件になってしまったとしても、その横の物件まで事故物件になるようなことはありません。

何かしらの事件や事故が起きた物件を手放したいとお考えの場合は、事故物件の売却実績が豊富な不動産会社に依頼することで速やかな取引が期待できます。なかなか買い手が付かない場合でも買い取ってもらえる可能性が高いです。

日翔・レジデンシャル株式会社は、事故物件の売却実績が豊富で買取も行っています。事故物件を速やかに売却したい場合は、ぜひご相談ください。

  • 03-6417-0665 (営業時間/10:00~19:00 定休日/日曜日)
  • メールでのお問い合わせ

再建築不可・空き家・築古物件・訳あり物件を売るためのポイントまとめ!

PROFILE

会社概要

マンション・一戸建て問わず対応!訳あり物件の売却なら日翔・レジデンシャル 株式会社
会社名 日翔・レジデンシャル 株式会社
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿 AVENUE6F
TEL 03-6685-9166
FAX 03-6685-9167
営業時間 10時00分~19時00分
代表者名 後藤 正樹
創業 平成23年5月
業務内容 不動産売買、不動産仲介、不動産買取、プロパティマネジメント、福祉事業放課後等デイサービス「ミライオ藤沢駅前教室」、その他
URL https://www.nissho-r.com/